生活

収入対移動費 ブリスベンが全国トップ

【ブリスベン14日AAP】   オーストラリア自動車協会(AAA)が行った指標によると、収入における移動費が占める割合は、国内でブリスベンが最も高い。

収入における移動費の割合は、ブリスベンが16.3%、シドニーとメルボルンは15.2%だった。実際の金額ではシドニーが週429ドルでトップ、メルボルンは381ドル、ブリスベンは376ドルだった。全国主要都市の世帯当たりの年間移動費は平均1万7912ドルで、前四半期から306ドル増となった。指標には公共交通機関、マイカー所有に伴うローン返済、車検、免許、保険、サービス、ガソリン価格が考慮された。

ブリスベンでは来会計年度、エアポートリンク以外の通行料金の値上げが決まっており、負担はさらに増えることになる。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

生活

4日、東部各州で夏時間終了

【シドニー3日AAP】    4日午前3時、NSW、VIC、TAS、SA各州及びACT(首都特別地域)において、今季の夏…