生活

電車本数増へ シドニー 

【シドニー10日AAP】   NSW州政府は、8憶8,000万ドルを拠出してシドニーの電車ネットワークの信号技術をデジタル化する計画だ。2020年代初頭から段階的に導入される。

最初に恩恵を得られるのはシドニー南部のイラワラ線で、ピーク時の電車が1時間5本増に、シドニー空港路線も1時間8本増になる。ベレジクリアン州首相は10日、「シドニー内を自由に移動・通勤し、移動の時間を減らすことが大切だ」と話した。

新技術についてシドニー・トレインズのハワード・コリンズCEOは、「他国でも使われており、利用者の急増に対応できる」と話した。また、導入に時間がかかると認めたうえで、「コストを削減するとともに信頼性を高め、何よりネットワーク全体の能力を高める」と加えた。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

気候変動で山火事が長期化

【シドニー19日AAP】   気候変動の影響で、オーストラリアの山火事シーズンが長期化している。今後、世界中で普通の現象にな…