生活

NSWごみ捨て 5年で3分の1減少

【シドニー7日AAP】   NSW州で公共の場に捨てられたごみの量が、過去5年で3分の1以上減少したとわかった。

NPO環境保護機関「キープ・オーストラリア・ビューティフル」の新たなデータによると、2016/17年度にNSW州で投棄されたテイクアウェイフードの容器は19%減少、2013/14年度以降に公共の場に捨てられたごみの総量も37%減少した。

アプトン州環境相は、「飲料ボトルがNSW州のごみの大半を占める。昨年12月に開始したボトル回収制度がごみの削減に大きく役立っている」と話した。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

ACT 音楽フェスで薬物検査

【キャンベラ19日AAP】   キャンベラで4月28日に行われる音楽フェス“Groovin' the Moo”で、議論の的となっている薬物検査が…