ビジネス

運送トラックに新技術搭載 居眠り防止に

【メルボルン5日AAP】   国内大手のトラック運送会社が、運転手の居眠り運転防止に赤外線装置を搭載することが明らかになった。

 

トール・グループ社は、76台のトラック車両に運転手の顔を認識する赤外線装置を設置し、目を閉じたり、道路から目を離したりした場合に運転席が振動しアラームが鳴るという。

 

同社のスポークスマンは「この装置のおかげで 安全運転が確認できると運転手たちは喜んでいる」とし、今後2、3年のうちにすべてのトラックに設置する予定だと述べた。

 

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

卵に偽ラベル表示の疑い WA

【パース13日AAP】   パースのスーパーマーケットで販売された卵が、不当に偽のラベル表示を施された可能性がある。鶏舎内飼…