生活

国内賃貸住宅 半数が修繕必要

【キャンベラ5日AAP】   消費者機関チョイスの報告によると、国内の賃貸住宅の51%が修繕が必要だが、家主を恐れて苦情できない居住者が多い。

借家人の78%が、「入居時から浴室に問題があった」と報告した。35%はカビ、33%は蛇口やシャワーヘッドの漏れ、22%はトイレの不具合を挙げた。さらに28%はゴキブリや蛾、アリの問題を挙げた。

借家人の68%が賃上げを、44%は立ち退きを恐れ、家主に修繕を要請できないでいる。ある物件では、修繕のために賃貸更新を断られたが、2週間後に新たな居住者が入ったという。最初の居住者は「2週間で全てを修理できたはずがない」と話した。

チョイスは国内の借家協会とともに5日、キャンベラの議事堂で報告を発表する予定。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

生活

高齢者の処方箋 多すぎ?

【パース15日AAP】   西オーストラリア大学とニューサウスウェールズ大学の共同研究によると、国内の70歳以上の高齢者100万…