ビジネス

パース空港鉄道 完成は1年遅れ

【パース18日AAP】   パース南東部フォレストフィールドからパース空港を結ぶ鉄道路線の完成が、水漏れによって予定より1年遅れるとわかった。2021年後半に最初の電車が運行する予定だ。

9月22日に複数トンネル間で発生した水漏れによって、陥没穴が発生。長さ26メートルにわたって損傷した。WA州のサフィオティ交通相は18日、「損傷による追加費用は保険で賄われる。追加予算は発生しない」と説明した。

州野党自由党のハービー交通相は、「さらに12か月も建設作業員を雇って予算内に収まるはずがない」とコメントした。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

生活

600校以上が休校措置 NSW

【シドニー11日AAP】   NSW州で壊滅的な火災の危険が予想される12日、同州の600校以上が休校措置を取った。 同州各地で山…