文化・芸能

アカデミー賞候補 シドニー出身2人も

【ロサンゼルス23日AAP】  第91回アカデミー賞のノミネート作品が23日発表され、作品賞など10部門にノミネートされた「女王陛下のお気に入り(原題:The Favourite)」で、シドニー出身のフィオナ・クロンビーとトニー・マクナマラが、美術賞と脚本賞にノミネートされたことが分かった。

 

マクナマラはノミネートを受け、「私たちのほとんどがノミネートされて、本当に興奮しているわ」と話した。このほか、ネットフリックスで配信されたメキシコを舞台としたドラマ映画「ROMA/ローマ」も、アルフォンソ・キュアロン監督の監督賞を含む10部門でノミネートされている。

 

一方、ニコール・キッドマン、トニ・コレット、マーゴット・ロビー、トロイ・シヴァンは惜しくもノミネートを逃した。また、作品賞にノミネートされた上記以外の作品は「アリー/スター誕生」、「グリーンブック」、「ボヘミアン・ラプソディ」、「ブラックパンサー」、「ブラック・クランズマン」、「バイス」の全8作品。

 

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

政治

ボブ・ホーク元首相が死去

【キャンベラ16日AAP】  ボブ・ホーク元首相が16日、シドニーの自宅で死去したことが分かった。89歳だった。労働党を率い1983…