ビジネス

カンタス エアバスA380の注文取消し

【シドニー7日AAP】  カンタス航空は7日、長期にわたって保留となっていたエアバスA380の8機の注文を正式にキャンセルすることを発表した。カンタスは現在A380を12機保有しており、これらを修理・改装によって“今後も長く”使用していく方針を示している。

 

カンタスは2006年にエアバスに8機のA380を注文していた。カンタスの発表を受け、エアバスの広報担当者は“契約の修正”に合意したことを明らかにしており、「契約上の変更は、1月末の受注および納品計画にも反映される」と話した。

 

A380は2階建てのダブルデッカー型の機材となっており、最大853人の乗客が搭乗可能。ただ、4基取り付けられているエンジンの安全性に問題があるとして、将来の普及について不安視する声が上がっている。A380のリスト価格は6億2,760万ドルだが、通常は大幅に値引きされた額で取引されている。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

国内各空港 職員が抗議活動

【メルボルン20日AAP】   国内空港の職員らは21日、賃金の引き上げと労働時間の保障を求めて抗議活動を行う。航空便への影響…