生活

海外在住の年金受給者 生存証明必要に

【キャンベラ13日AAP】   海外に住みながらオーストラリアの老齢年金を受給する人は、今後2年ごとに生存を証明する必要が出てきそうだ。

フレッチャー社会サービス相は13日、新たな法案を下院議会に提出した。海外に住む80歳以上が対象で、現在およそ2万5,000人が該当する。今年7月、対象となる年金受給者は“生存証明書”を連邦政府に返送しなければならない。フレッチャー氏は、「税金が確実に生存者のみに届くことを目的とする」と説明した。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

NSW病院職員 来月ストか

【シドニー16日AAP】   NSW州の病院職員や救急隊員など2万2,000人以上が、職場の安全を求めて来月ストライキを起こす可能性…