生活

電話使いながら運転 10ポイント減点

【シドニー19日AAP】  NSW州ではイースター休暇のロングウィークエンド期間中、携帯電話を使用しながら運転しているドライバーに対し、国内で最も厳しい10デメリットポイントの減点と448ドルの罰金を科すことが分かった。

 

NSW州を含む国内4州が、この休暇中に携帯電話を使用しながらの運転に対しても、ダブルデメリットポイント制度を適用している。NSW州では、2017年に4万1,000人が電話を使用しながらの運転で検挙されているほか、一日当たりでは110件以上となっている。

 

さらにシドニーでは今月から、携帯電話を使用しながらの運転を取締るカメラが導入されるため、検挙数はさらに急増することが予想されている。携帯電話での通話は、設置用の土台に固定された状態でのみ許可されており、信号などで車両が停止した状態でも、手に持って使用することは禁止されている。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

国内各空港 職員が抗議活動

【メルボルン20日AAP】   国内空港の職員らは21日、賃金の引き上げと労働時間の保障を求めて抗議活動を行う。航空便への影響…