一般

ドラッグ1.6トン押収 過去最大

【メルボルン7日AAP】  オーストラリア国境警備隊(ABF)は、バンコクからメルボルンに輸送された音楽用スピーカーの中から、違法ドラッグ1.6トンが発見されたと発表した。国内でこれだけの量が発見されるのは、今回が初めて。逮捕者は出ておらず、調査が進められている。

 

違法ドラッグは検査施設におけるX線検査により発覚し、調査官が音楽用スピーカーを分解すると、真空パックのドラッグが入っていたという。今回発見されたドラッグはアイス1.596キログラム、ヘロイン37キログラムで、末端価格がそれぞれ11億9,700万ドルと185万ドル相当とみられる。

 

ABFのVIC州地域のパーマー長官は、今回の押収量が国内最大規模だったとした上で、「発見されていなければ、メルボルンやそれ以外の地域へドラッグが出回っていただろう」と述べた。今回の押収量は、昨年一年間に押収された総量の13%以上に相当し、州内のドラッグ流通に大きなダメージを与えたとの見方を示した。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

政治

期日前投票に制限を

【キャンベラ19日AAP】   今年の連邦選挙で、史上最多の有権者476万人が期日前投票を行った。公約内容等を十分認識してから…