政治

国内の技術者不足 職業訓練に本腰

【ケアンズ9日AAP】  連邦のモリソン首相は9日、オーストラリア政府間評議会(COAG)に出席し、国内の技術者不足を解決するため、職業教育や訓練に力を入れていくことを確認した。国内の州・準州のリーダーもこれに同意し、職業教育制度の抜本的な改革を進めていくとみられる。

 

モリソン首相は「21歳でも61歳でも関係なく、訓練を通して仕事に対する自信を身に付ける学生を求めている」と述べ、国民が現代社会で必要とされる職業に対し、訓練を受けて適正に職務を遂行できる技能を身に付けることは、国として最大の課題の一つとの見方を示した。

 

連邦政府は今年4月、技術者不足をより正確に把握し、業界とともに訓練コースなど今後の計画を練るため、全国技術委員会(NSC)に予算を割り当てている。また、COAG管轄の技術カウンシルは2020年初めまでに各州首相に対し、業界ごとの改革ロードマップを提示する見通しだ。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

生徒5人に1人が障害持つ QLD

【ブリスベン7日AAP】  QLD州では、公立学校に在籍する56万1,000人の生徒のうち、10万3,000人以上が何らかの障害を持ち、学習…