一般

第一次大戦終結式典 国内各地で

【シドニー11日AAP】   第一次世界大戦の終結を記念する11日、国内各地でリメンブランス・デーの式典が行われた。

1918年11月11日午前11時、ドイツが第一次世界大戦の停戦に署名した。毎年この日の午前11時に1分間の黙とうが行われる。

シドニーのマーティン・プレースの式典には数百人が足を運び、モリソン連邦首相、ベレジクリアンNSW州首相、ビーズリーNSW州総督も出席した。

シドニー北部セントラルコーストに住むヘレン・ウェイクさん(82)は、3つのメダルを胸に付けて出席した。幼少期に母親とともに祖父の家に移り住んだウェイクさんは、「戦争の歌や話を常に聞いて育った。毎日がリメンブランス・デーだ」と話した。少なくとも過去50年、式典に足を運んでいるという。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

海岸に大量のフクロノリ QLD

【ブリスベン4日AAP】  QLD州ゴールドコーストの海岸に、大量のフクロノリが打ち上げられ、散歩などをする人が頭を悩ませてい…