一般

銃の連射装置 輸入禁止へ 連邦政府

【キャンベラ17日AAP】   連邦政府は、2017年にラスベガスの乱射事件で使われた銃の連射装置(バンプストック)を国内で禁止にする意向を表した。

 

連邦政府はバンプストックを禁止にするとともに、国内へ輸入される銃器のシリアルナンバーへのさらなる厳格な規則なども導入する予定だという。

 

バンプストックを半自動小銃に装着すると、高速連射が可能になる。国内では現在、QLD州とSA州で使用が禁止されている。税関当局は、バンプストックの輸入を禁止し、国内全土の州やテリトリーで同装置の使用を禁止するように要求していくとしている。

 

クリスマス前までに新規制の施行を目指しており、バンプストックを輸入しようとした場合は最高禁錮10年の刑になる。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

南部は雪で北部は山火事 NSW

【NSW25日】  NSW州南部では25日、気温が急激に下がり、低地で雪が予想される一方、州北部では山火事の危険が高まっているこ…

一般

新型コロナ新規感染なし NSW

【NSW27日】   NSW州で27日、新型コロナウイルスの新規感染が3か月以上ぶりに報告されなかった。州保健局は引き続き警戒する…

一般

クジラ270頭が座礁 TAS州

【TAS21日】   TAS州西海岸沖で、ゴンドウクジラおよそ270頭が座礁している。海洋保護専門家らは大規模な救出作業を開始する…