国際

ロンドンとハーグの事件 豪首相「卑劣」

【キャンベラ30日AAP】  連邦政府のモリソン首相は30日、ロンドンで発生したテロ事件とハーグのショッピング街で発生した刺傷事件について、“卑劣な行為”と強く批判した。30日午前の時点でオーストラリア人が事件に巻き込まれたかどうかは分かっていない。

 

モリソン首相は「罪のない人たちが犠牲となり、オーストラリア国民は被害者とその家族に深い追悼の意を表する」と述べた。また、オーストラリア人が被害にあったかどうか、現地当局に確認中だとしている。

 

ロンドンの事件では2人が死亡し、偽の爆発装置を身につけていた容疑者がその場で射殺された。また、ハーグの事件では3人が刺されて負傷し、犯人は逃走中で警察が行方を追っている。ハーグ警察は、テロ事件かどうかについても調査を進めている。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

NSW、VICとの州境を閉鎖へ

【キャンベラ6日AAP】   NSW州は、新型コロナウイルスの感染が広がるVIC州との州境を8日から一時閉鎖すると決定した。モリソ…