スポーツ

テニスブリスベン国際 大坂選手が敗退

【ブリスベン12日AAP】   テニスのブリスベン国際シングル女子準決勝で11日、大坂なおみ選手はカロリーナ・プリスコバ選手(チェコ)に敗れた。

3時間近くにわたった試合中、大坂選手のサーブは速度を落とし、バックハンドでのリターンはネットに当たった。2017年と2019年に同大会で優勝したプリスコバ選手は12日、米国のマディソン・キーズ選手を下して3度目の優勝を飾った。

大坂選手は試合を振り返って、「もっと強いサーブを打つべきだったのかなと考えてばかり。ペースを変えるのはいいことだと思ったけど、マッチポイントでやるべきでなかった」「(第3セットは)マッチポイントのことを引きずり続けていた。通常跳ね回るポイントでも体力を温存しようとして失敗した」「試合中ずっと気分が落ち着かなかった」と語った。メルボルンで行われる全豪オープンテニスについては、「私のルーティンに沿って言い訳はしないこと」と話し、精神面の成長を望んだ。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

生活

失業手当受給条件を再導入

【キャンベラ4日AAP】   VIC州を除き、パンデミックで失職した全国の失業者が仕事を探し始める必要がある。政府から提案され…

一般

QLDパブ エミューの入店禁止

【ブリスベン28日AAP】   QLD州奥地のアウトバックで、品行の悪いエミュー2羽がパブの入店を禁じられた。 エミューのケビ…