一般

被災者向け支援を不正取得 NSWで男を起訴

【キャンベラ9日AAP】   山火事被災者のための財政支援制度を不正に利用したとして、NSW州の男が起訴された。

連邦警察は、違法に政府の災害復旧支援金を取得したとしてNSW州タンカリーの男(50)を起訴した。

ロバート政府サービス相は、「財政支援を申請するほとんどの人が正直で、直ちに支援を必要とする状況にいる」と述べつつ、専門チームが不正申告を監視していると警告した。

重大な詐欺の場合は連邦の公訴局長官に差し出され、多額の罰金や懲役が科される可能性もある。山火事の復旧支援制度には1憶ドル以上が投じられ、昨年9月16日以降7万5,000件を超える申請があった。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

ビジネス

ホールデン 豪・NZで終了

【アデレード18日AAP】   米自動車メーカーのゼネラルモーターズ(GM)は、オーストラリアとニュージーランドでの自動車ブラ…