国際

豪国民、中国渡航は拘束の恐れ

【キャンベラ7日AAP】   連邦政府は国民に対し、中国で国家安全保障を理由に拘束される可能性があるとして、同国への渡航を警告した。元々パンデミックのため、国民の海外渡航は禁止されている。

外務省は7日、中国への渡航勧告を更新し、「中国当局は、国家安全保障を危険にさらすとして外国人を拘束した」と警告した。中国への渡航レベルは「do not travel(渡航禁止)」で変更ない。

国際人権団体アムネスティ・インターナショナルは2019年、中国は恣意(しい)的かつ秘密の拘束を合法化し、拘留者に長期にわたって連絡を絶たせ、拷問や自白強要など虐待の危険が高まったと報告した。国連人権委員会の強制的・非自発的失踪に関する作業部会(WEGID)は中国に対し、直接状況を判断できるよう訪問許可を求めている。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

生活

失業手当受給条件を再導入

【キャンベラ4日AAP】   VIC州を除き、パンデミックで失職した全国の失業者が仕事を探し始める必要がある。政府から提案され…