生活

食料不足の懸念 業界から要請

【キャンベラ6日AAP】  新型コロナウイルスの拡大を受け、VIC州でステージ4のロックダウンが実施され、その他の州でも規制が強化されるなか、業界団体は果物や野菜の収穫労働者の不足に加え、食料品の供給が滞ることのないよう、政治家たちに要請したことが分かった。

 

VIC州では、流通倉庫や医薬品倉庫において、9日深夜から取り扱い量を3分の1削減する。食肉工場などでも製造量が、通常よりも少なくなる見通しだ。モリソン首相はVIC州に対し、同州におけるコロナ対策がドミノ効果で影響を受ける可能性を示唆したことを明らかにした。

 

一方、VIC州のアンドリュース首相は、さらに厳しい規制が実施される中で、微妙なバランスを取っていくと説明。「従業員を削減するのと同時に、スーパーマーケットの棚に並ぶ商品の量を守るために努力を重ねてきた」と述べ、これは自信を持って達成できるとの姿勢を示した。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

SA州、ACT州との州境を再開

【SA15日】   SA州政府は、16日から首都特別区域(ACT)との州境再開を発表した。NSW州とは閉ざされたままだ。 ACTからSA…