ビジネス

QLD州企業が製造のマスク 米でヒット

【QLD11日】  QLD州に拠点を置くアウトドアやスポーツウエア企業のSParmsは、新型コロナウイルスのパンデミックが拡大し始めた3月に開発し、米国でヒット商品となった軽量マスクを、オーストラリア国内でも販売を開始した。

 

SParmsのミミ・リー取締役によると、米国の女子プロゴルフ協会は同社から約200枚のマスクを購入したという。さらに、暑い気候の中でマスクを着用する際、どういう点に留意すればいいか米国で意見を募ったが、素晴らしいフィードバックが帰ってきたと話した。

 

リー取締役は新たなデザインについて、アスリート向けになっており、夏でも呼吸が通常のものよりしやすいのが特徴で、軽量で通気性が良く、立体的なデザインで4方向へ伸縮する素材を採用している。ゴールドコーストのウエアハウスでは、週当たり10万個の個人防護具を製造している。

 

ソース:Queensland sportswear brand launches lightweight face mask range for summer

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

政治

国民党党首が1か月の休養 NSW

【NSW18日AAP】  NSW州のベレジクリアン首相は18日午後、連立与党のジョン・バリラロ国民党党首について、精神衛生上の問題を…

一般

巨大サメ NSW州で多数目撃

【NSW11日】  NSW州南部沿岸で、サメの目撃情報が多数寄せられているとして、イラワラ市は11日、Bulli、Thirroul、Sandon Poi…