ビジネス

ジョブキーパー受給者 1か月で半減

【ACT30日】   賃金補助政策ジョブキーパーの受給者数が、この1か月で半減した。国内経済の回復は予想よりも早い可能性がある。

ジョブキーパー受給者数は9月の360万人から10月は150万人に減少した。政府は9月、ジョブキーパーの該当基準を厳格化し、翌月には事業45万社が外れた。実際の失業率も9月の9.3%から10月は7.4%に減少した。

政府は2020/21年度の予算案で、10~12月期に220万人が賃金補助を受けると見積もったが、およそ70万人に下方修正した。フライデンバーグ財務相は「パンデミックを乗り切れない事業も出るが、来年のジョブキーパー終了後も失業率は下がると予想される」と、セブン局の朝番組「トゥデイ」で話した。

国内産業グループ(AIG)のイネス・ウィロックス責任者は、「全国的に見て喜ばしい結果だが、長い道のりだ。景気回復の維持には財政政策が依然として不可欠」と話し、事業に対する支援の早すぎる終了を警告した。

ソース : news.com.au – JobKeeper recipients halve in one month

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

12月の失業率 6.6%に改善

【ACT21日】  豪政府統計局(ABS)が21日に発表した最新の統計によると、昨年12月に新たに仕事を得た人の数が11月と比べて5万…