ビジネス

ガソリン価格 パンデミック前レベルに高騰

【NSW2日】   道路サービス会社のNRMAは、シドニーのガソリン価格がパンデミック前のレベルに高騰すると警告する。

シドニーのガソリン価格は昨年2月以降最高の、1リットル153セントに上昇すると見積もられる。背景に新型コロナウイルスのワクチンの世界的展開、規制緩和、ガソリンの需要増、さらに石油輸出国機構(OPEC)による産出量削減が考えられる。

シドニーでガソリン価格が最後に1ドル50セントを上回ったのは昨年2月18日。1日のガソリン価格は西部ギラウィーンで1ドル64.9セント、南西部ヤグーナでは1ドル11.9セントと、53セントも差があった。

アデレードでも数日前の1ドル23セントから、2日は1ドル49.4セントに急上昇した。メルボルンも、1週間で20セント近く増の1ドル41セントに達した。

ソース : news.com.au ‐ Fill up now: NRMA issues warning petrol prices to soar to pre-COVID levels

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

15日から規制緩和 QLD

【QLD14日】   QLD州は15日午前6時、新型コロナウイルスの規制を緩和する。少なくとも19人のクラスター感染による3日間の緊…