一般

コロナ感染の夫婦 QLD州へ入州許可なし 

【QLD10日】  VIC州からQLD州へ自動車で移動した後、妻が新型コロナウイルスに感染していることが発覚した夫婦について、保健当局はQLD州への入州許可を持っていなかったと発表した。夫婦は今月1日にロックダウンとなったメルボルンを出発し、NSW州を通過してQLD州のグッドウィディ(Goondiwindi)やトゥーンバ(Toowoomba)を訪れた。

 

2人は6月8日にQLD州北部へ到着するまでに、NSW州の地方部なども訪れた。44歳の妻はQLD州カラウンドラ(Caloundra)で新型コロナへ陽性の結果が出たが、症状はこの一週間前から出ていたとみられている。一方、夫については10日に陽性の結果が出ている。

 

QLD州のヤング首席医務官は、「夫婦に対し厳しい規制を緩めて入州を許可したことはない」と述べ、今後は夫婦が入州した経緯について、警察による調査が行われるとの見通しを示した。夫婦は現在サンシャインコースト大学病院に移送され、隔離措置がとられている。

 

ソース:news.com.au-Infected Melbourne couple who drove to Queensland did not have travel exemption

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

ワクチン供給量を増加 VIC

【VIC6日】   新型コロナウイルスのクラスター感染が広がるVIC州に対し、連邦政府はワクチンを追加で供給すると発表した。 …