一般

モデルナワクチン 最初の100万本が海外から到着

【キャンベラ18日】   週末にかけて海外からモデルナワクチンが約100万本到着し、来週末から国内で予防接種が可能になる。

 

18日に35万本が到着し、19日にさらに70万本が届けられる予定になっている。到着したワクチンは国内の1800以上の薬局に届けられ、来週から接種可能となるという。

 

グレッグ・ハント連邦保健相は、9月にはベルギーから最初の200万本が空輸される予定で「12~15歳を含む国民がモデルナ接種できるようになる。ワクチン接種をしてない人はこれを機会に予約をしてほしい」と述べた。

 

現在のところ、国内で2400万人がワクチン接種をしており、70パーセントが1回目の接種を終了し、45パーセントが2回の接種を完了している。

 

モデルナワクチンは薬品・医薬品行政局(TGA)によって承認されており、予防接種に関するオーストラリア技術諮問委員会(ATAGI)によって12〜15歳グループへの接種が推奨されている。

 

ソース : news.com.au – First million doses of Moderna start arriving in Australia

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

政治

安楽死法を議会導入 NSW

【NSW12日】   NSW州議会で14日、安楽死合法案が正式に導入される。 安楽死法の改正を推し進める無所属のアレックス・グ…