生活

ソーラーパネルのリベートを前倒し支給 NSW

【NSW8日】   NSW州政府は来年度予算で、ソーラーパネルの払い戻し10年分を前倒して支給すると発表する見通しだ。ソーラーパネルが設置できない集合住宅には、エネルギー効率の良い電気機器への交換費用などで支援する。

同州で低所得者向けエネルギーリベートを受け取る世帯は、ソーラーパネルの払い戻し10年分およそ2,850ドルを前倒して受給できるようになる。ガスもある場合は、追加で110ドルの補助金を受け取れる。ソーラーパネルの設置は、電気料金を最大で年600ドル削減できると見積もられる。

アパートなどこれに当てはまらない場合は、エネルギー効率の良い冷蔵庫や乾燥機、温水システムへの交換や日よけなど4,000ドル分の補助が得られる。

オーストラリア・エネルギー規制機関(AER)は先月、電力料金の上限は7月1日からNSW州で14パーセントまたは227ドル、QLD州で11パーセントまたは165ドル上昇すると警告した。

ソース: news.com.au – One-third of NSW homes to get upfront payment for 10 years of solar rebate

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

政治

RBA、政策金利1.85%に引き上げ

【ACT4日】   オーストラリア連邦準備銀行(RBA)は4日、定例理事会で政策金利を0.25パーセント増の2.6パーセントに引き上げ…