文化・芸能

裸の海水浴「シドニー・スキニー」 3年ぶり開催

【NSW12日】   シドニー北部モスマンのコブラーズ・ビーチで12日、裸の海水浴イベント「シドニー・スキニー」が3年ぶりに開催された。

ヌード水泳の参加者数は、2018年にアイルランドで行われた2,505人が最多。ボンダイで最近行われた国際アートイベントに2,500人以上が裸で参加しており、今年で10回目を記念するヌード水泳がアイルランドの記録を塗り替えすと期待される。

「シドニー・スキニー」創始者のナイジェル・マーシュさんは、「人目のない国立公園でチケット制で行われ、観客もいない」「ヌード水泳の大胆さに躊躇する人も、一生に一度の楽しい時間を過ごす」と話した。今年は非営利のチャリティー機関「スキン・チェック・チャンピオンズ」と連携して、皮膚がんの予防と早期発見を推奨する。

ソース: news.com.au – Sydney Skinny: naked swimming event returns to Cobblers Beach after 10 years

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

NSW州ビーチで水難事故増加

【NSW4日】   NSW州のビーチで水難事故の犠牲者が増えている。州政府は専門家による会議を設けて事故を防ぐ。 昨年7月1日…