一般

インスタで人気のマグパイ 相棒の犬の待つ家に帰宅

【QLD15日】   QLD州の家庭で違法に育てられたマグパイが、州政府に保護された後6週間以上ぶりに、共に育てられたペットの犬の住む家に戻った。

ソーシャルメディアで有名なマグパイ“モリー“は先月1日、飼い主のジュリエット・ウェルズさんとリース・モーテンセンさんが許可なく野生から奪ったとして、QLD州環境・科学・革命省(DESI)に保護された。

ペットのスタッフォードシャー・テリア犬“ペギー“とともに育ったモリーは、インスタグラムで大人気。モリーとペギーの様子は数十万人がフォローする。英出版社大手のペンギン・ブックスとも本の出版を契約し、モリーとペギーの写真が入った商品も販売された。

DESIに対する批判の声は大きく、DESIは先週、「今後モリーやモリーのイメージを使った営利を伴わないこと」との条件付きでモリーを家に帰すと承認した。

先立ってABC局のインタビューで、2人はモリーを家に迎えたことで利益を得たと認めた。ウェルズさんは「お金を稼ぐつもりはなかった。たくさんの人から金儲けの提案をされたが、それが目的ではなかった」と話した。

ソース:abc.net.au – Molly the magpie reunited with Peggy the Staffordshire terrier six weeks after being seized by authorities

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

政治

DV加害者の保釈を厳格化 NSW

【NSW14日】   NSW州で、若い母親が保釈中の元パートナーによって殺害された。州政府はこの事件を受けて、DV被害者を保護す…