国際

バリ島でデング熱感染増 蚊に注意

【ACT16日】   オーストラリア人にとって人気リゾートのインドネシア・バリ島で、デング熱の感染が増加している。

ティージェイ・バラットさんはフェイスブックで、「防蚊剤を体中に塗布してほしい。デング熱が大流行している」と注意喚起を促した。

国内の保健機関によると、ここ数年バリからの帰国者でデング熱の感染が増加している。政府の渡航情報サイト“スマートトラベラー“も、虫よけスプレーの使用、ゆったりして明るい色の長袖と長ズボンの着用、宿泊施設に蚊が入らないよう奨励する。

デング熱は11月から3月のインドネシアの雨季に流行し、バリ島やジャカルタを含む同国全土で発生する。蚊を媒体として感染し、症状はひどい頭痛、目の奥の痛み、筋肉・関節痛、嘔吐および吐き気、発疹など。特別な治療法はなく、痛みを抑えるだけだ。

毎年オーストラリアから100万人以上がインドネシアを訪問する。旅行保険会社ブーパのデータによると、昨年の旅行先トップはインドネシア。次に米国とニュージーランドが続いた。

ソース:news.com.au – DFAT issues fresh advice as dengue fever cases rise in Bali

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

政治

DV加害者の保釈を厳格化 NSW

【NSW14日】   NSW州で、若い母親が保釈中の元パートナーによって殺害された。州政府はこの事件を受けて、DV被害者を保護す…