国際

軍投入によりハリケーン被害復旧加速

当初予定されていたよりも2倍の早さでハリケーンの被害を一番受けたルイジアナが復旧されるだろうとアメリカ陸軍は本日付けで発表した。

専門家によると当初ハリケーンカトリーナの被害で水没したニューオリンズを復旧するのには最大3ヶ月を要するとされていたが、陸軍投入により10月初旬には水没被害は復旧されるとのこと。

米陸軍スポークスマン、ダン・ヒッチングスは、当初予定されていた復旧に要する期間が80日から40日に短縮された理由として、設置された35台の給水器のネットワークが立ち上がりつつあり、ニューオリンズの水没被害は急激に縮小しているため、とマスコミに話した。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

TAS、来月15日に州境再開 

【TAS23日】   TAS州のガットウェイン首相は、来月15日に州境を再開すると発表した。再開までに同州のワクチン完了率が90パ…