スポーツ

偉大な元サッカー選手マラドーラ、空港にて取り押さえられる

ブラジル23日―アルゼンチンのサッカースター、ディエゴ・マラドーラ(45歳)がブラジルの空港で23日、アルゼンチン行きの飛行機の搭乗を警備員に引き止められ、「有名になりたかったら、俺を撃ってみろ」と叫んだという。マラドーラはリオ・ディ・ジャネイロの空港で搭乗予定の便に遅れたところ、力ずくで通り抜けようとした後、ブラジル航空のスタッフと口論になり空港にて取り押さえられた。

マラドーラは暴力的行為を振るったことを否定したものの、銃を顔に突きつけられたときに、警備員に対し侮辱的な発言をしたことを認めた。

マラドーラは最も偉大なサッカー選手の一人として有名だが、1997年の引退以降、コカイン中毒、アルコール問題、肥満などさまざな問題で話題になっている。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

鉱山作業員の男性死亡か TAS

【ホバート24日AAP】  TAS州の西部沿岸のヘンティー金鉱山で発生した事故で、地下700メートルに閉じ込められていた作業員の男…