一般

銀行からの電子メール詐欺に注意

パース 28日 - クリスマス休暇の間、銀行の個人秘密取引情報を探り出そうとした電子メールでの詐欺が、大勢のオーストラリア人を狙っている。ナショナル・オーストラリア銀行またはコモンウェルス銀行からの電子メールを受け取った人は、メールを開けずに至急メッセージを消去する必要がある。クリスマス休暇期間中は、人々が休暇ムードであることと、銀行が閉まっているためにメールの内容を確認できないことが、この時期の詐欺の被害を増やしている。
 
西オーストラリアの消費者保護相シェイラ・マックヘイルは、「銀行が電子メールで顧客に返信するように促すことはありません。これは電子メールのリンクをクリックしたときに口座情報やパスワードを盗もうとする詐欺です。これらのメールのいくつかにはトロジャンも含まれています。」と注意を促した。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

政治

2022/23年度NSW州予算案を発表

【NSW21日】   NSW州のキアン財務相は21日、2022/23年度の州予算案を発表した。州選挙を9か月後に控え、家計や保健、女性に…