一般

2006年、転職して心機一転を考えるオージー

ブリスベーン30日ー1200名を対象に実施されたタレント2・リクルートメントの調査の結果、2006年には現在の仕事を変えたいと望んでいるオーストラリア人が多いことが判明した。オーストラリア各地の労働者の70%以上が来年に向けて転職をしたいと考えており、約25%が3月までには実際に転職をしたいと希望している。

現職に対する不満が最も高かった年齢は45歳から54歳。来年に転職を希望しているのは、現在法律、政府、セールス関係の職に就いている労働者が中心になるとみられている。転職希望の主な理由として、キャリアアップや新しい職場環境の追求が挙げられている。

 

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

生活

ガス料金さらに引き上げ NSW

【NSW31日】   NSW州のガス供給主要2社で料金が引き上げられる。生活費高騰へのさらなる圧迫になるだろう。 オリジンは2…