一般

7月1日児童手当額引き上げ、病院では混乱が予想

キャンベラ18日-200471日から児童手当が導入されたことで、当時、出産時期が意図的に遅らされたケースが1000件以上あったことが、調査結果で明らかとなった。

連邦政府は20045月の予算で、71日以降に出生した子供に対し3000ドルの児童手当を給付することを発表した。Melbourne Business School(メルボルン・ビジネス・スクール)の経済教授、Joshua Gans(ジョシュア・ギャンズ)氏と、Australian National University(オーストラリア国立大学)の経済学者、Andrew Leigh(アンドリュー・レイ)博士による調査で、過去30年間で200471日に出生した子供の数が最も多かったことが判明。

レイ博士は、「約700件の出産が、20046月最終週の出産予定から出産日が延ばされていたことが推測される。しかし、問題は、約300件が2週間以上も出産予定日が延ばされていたことも判明していることだ」と語った。

今年の71日から、児童手当額が3000ドルから4000ドルへと引き上げられることから、病院では対処に追われることになる。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

NSW州との州境を封鎖に QLD州

【シドニー9日AAP】   アナスタシア・パラシェイQLD州首相は、WA州、SA州、TAS州の方針に続き、NSW州との州境を封鎖すること…