福利厚生金の不正受給取り締まり 

【キャンベラ11日AAP】   連邦政府は過去18か月、福利厚生金や生活保護費の不正受給を取り締まった結果、14憶ドルを回収した。

2016年7月から2017年末にかけて、人的サービス省は福利厚生金などの不正受給が疑われた事例、1400件以上を調査した。このうち956件について、検察官による訴追が行われた。なかには、偽名を使って障害者用の助成金16万ドルを違法請求したと発覚後、3年間刑務所に送られる羽目になったケースもあった。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら