国際

移民の受け入れ率高過ぎ 世論調査

【キャンベラ20日AAP】   新たに行われた世論調査の結果、国民の多くが“移民の割合が高過ぎ”と考えているとわかった。

調査はロウィ・インスティテュートが1,200人を対象に行った。現在の移民の受け入れ率に反対する人は、昨年比14ポイント増の54%になった。30%が「適切な受け入れ」、14%が「少なすぎる」と回答した。

アボット前連邦首相は2月、「インフラや住宅、賃金圧迫を緩和するためには移民の受け入れ数を現在の19万人から11万人に引き下げる必要がある」と述べている。

移民の受け入れによる恩恵に前向きであった国民も、国民性に対する影響を懸念し始めている。54%が「世界中の人を受け入れるのが、オーストラリアの本質要素」と答えた一方、41%が「国民性を失う可能性がある」と考えているとわかった。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

亡命希望者乗せた船を救助

【シドニー5日AAP】   オーストラリア海軍のパトロール艇が、亡命希望者100人以上を乗せて遭難している船を救助した。 …

国際

リビア 豪の軍事介入はない

【パース18日AAP】   国連安全保障理事会でリビア上空の飛行禁止空域の決議が採択されたことを受け、スミス国防相は…