生活

豪ツイッター 今年最多の話題は?

【メルボルン7日AAP】  オーストラリアで今年、ソーシャルネットワークサービスのツイッター上で最も話題を集めたのは、今年8月に死去した米国人ソウルシンガーのアレサ・フランクリンさんだったことが分かった。オーストラリア国内のツイッター利用者は、約1,600万人に上る。

 

この他にツイッター上で大きな話題となったのは、イチゴの針混入事件における情報提供や、ゴールドコーストの自宅外で12才の少年が誘拐された際の注意喚起など。また、スティーブン・ホーキング博士の死去は第3位、ロイヤルウェディングは第7位にランクインした。

 

ツイッターのオーストラリア・ニュージーランド政策ディレクターのガーリック氏によると、スポーツや政治の決定的瞬間、著名人の死去、コミュニティの団結などが、ツイートのトップ10を占めているという。

 

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

政治

ボブ・ホーク元首相が死去

【キャンベラ16日AAP】  ボブ・ホーク元首相が16日、シドニーの自宅で死去したことが分かった。89歳だった。労働党を率い1983…