その他

猫を無料で提供 SA州RSPCA

【アデレード10日AAP】   SA州の動物虐待防止協会(RSPCA)は今月一杯、シェルターで保護されている猫の引き取り手数料50ドルを免除して譲る。

生後6か月以上の猫が対象で、去勢、マイクロチップ、予防接種、獣医健診、20日間の補償が付く。

SA州RSPCAのティム・チャールズさんによると、現在500匹近くの猫がシェルターで保護されており、今月末までに少なくとも250匹の里親を探したい考え。里親に出すための諸費用は1,000ドルを超え、すべて寄付金で賄われているが、現況を見て50ドルの手数料を一時免除することにした。子猫の引き取り手数料も、195ドルから99ドルに引き下げられている。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

ビジネス

久々にパブ再開 NSW

【シドニー1日AAP】   1日、NSW州で新型コロナウイルスの規制が緩和され、パブやクラブが再開した。 シドニー中心レッド…