スポーツ

サッカーW杯女子招致 QLDも乗り気

【ブリスベン30日AAP】   2023年に開催されるFIFAワールドカップ女子大会開催の招致に、QLD州も乗り出した。これまでにNSW州とVIC州が国内開催を支援している。

QLD州のジョーンズ観光産業開発相は29日、「大会を開催すれば、数世代に渡って女子に勇気を与える」と述べた。オーストラリア代表チーム“マチルダス”の試合を含む9試合をQLD州で行い、決勝戦をブリスベンのサンコープ・スタジアムで行うことを条件に、1,100万ドル拠出する。

オーストラリアサッカー連盟のデイビッド・ギャロップCEOは、「国内の女性スポーツにおける伝説になる」と述べ、QLD州政府の意向を歓迎した。

オーストラリアの他に、アルゼンチン、ブラジル、コロンビア、日本、韓国、ニュージーランドおよび南アフリカが招致を目指している。2020年5月に開催国が発表される。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

全国でインフルエンザ激減

【QLD29日】   新型コロナウイルスによる社会的距離の確保や手洗いの慣習のおかげで、今年は全国でインフルエンザの症例が激…