生活

豪のネット犯罪通報 10分に1回の頻度

【キャンベラ7日AAP】   国内のオンライン・セキュリティーの監視機関によると、10分に1回の割合でサイバー犯罪の通報があることがわかった。

 

監視機関であるオーストラリア・サイバー・セキュリティー・センターが、7月に新しいウェブサイトを開設したところ、これまでに1万3500件以上のネット犯罪の通報があり、調査結果によると、ネット犯罪による平均被害金額は700ドルだという。

 

最も多い犯罪は、銀行からと名乗るメッセージからリンクをクリックさせて、オンライン・バンキングの情報などを聞き出す手口だという。

 

VIC州の被害数が最も多く、QLD州とNSW州が僅差で並んでおり、NT準州が最も少なく、被害者の3分の2以上が25歳から34歳の年齢層だった。

 

被害の対策として、出来るだけソフトウェアをアップデートする、デバイスごとに違うパスワードを設定する、ソーシャルメディアのアカウントのプライバシー設定をオンにするなどが挙げられる。

 

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

TAFE授業料を半額に WA州政府

【パース14日AAP】   WA州政府は、TAFEの34種の優先度の高いコースの授業料の引き下げをし、多くの生徒たちに手頃な金額で勉…