一般

「同性婚容認は遺憾」 メルボの英国教会

【メルボルン19日AAP】   地方VIC州教区で同性婚を容認する決定がなされたことを受けて、メルボルンの英国教会は「遺憾なこと」だと正式に表明した。

 

8月に同州のワンガラッタ教区で同性婚が容認されたことに対し、ロバート・ミラー牧師は「非常に遺憾で悲しいこと」だとし、英国教会に対して冒涜な行為だと述べている。

 

しかし、同教会内の同性婚容認に対する非難は満場一致のものではなく、サイノッド(synod)と呼ばれる管理機関の会員の中には、ワンガラッタ教区の決定を「愛に満ちたもの」だとして称賛している。

 

今回の英国教会の発言は、数日前にシドニー大主教グレン・デイビス氏が、「英国教会で同性婚を容認する者は脱会すべき」と発言した後を受けている。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

死者2人不明7人 NSW山火事

【シドニー9日AAP】  NSW州の地方火災サービス局(RFS)によると、グレン・インズ(Glen Innes)近くで発生しているカンガワ…