ビジネス

ジェットスター 地上職がスト突入へ

【メルボルン13日AAP】  航空会社ジェットスターの地上職員らが13日、賃上げや安全基準を求めるストライキの初日を迎えた。シドニー、メルボルン、ブリスベン、ケアンズ、アデレードの各空港で、様々な時間帯に合わせて行った。

 

運輸労働者組合のケイン全国書記長は「人員削減により、労働者たちに大きな圧力がかかっている」と話した。ジェットスターが運行を中止する便は、12日が44便、13日が46便となっている。また、パイロットも来週にかけてストを実施するとみられる。

 

ジェットスターは、12月13日~20日までの間に同社のフライトを利用する予定だった人は、フライトの前であれば全額を返金すると説明している。また、同社のエバンスCEOは労働者の要求について「低価格の航空運賃を脅かすことになる」と懸念を示した。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

シドニーBLM集会 警察が阻止

【シドニー28日AAP】   シドニー中心で28日に予定された黒人の人権保護を訴えるBLM運動は、警察によって開始前に阻止された…