一般

血液検査60%減 必要な検査は受けて

【キャンベラ8日AAP】  オーストラリア国内で4月に行われた血液検査の件数が、前年同月より60%減少したことが分かった。病理学者やがんの専門家たちは、自粛のため家にいることも重要だが、行う必要のある検査は行われるべきとの考えを示した。

 

王立病理学大学のグレーブス氏は「慢性的な症状があったり、心配な状態がある場合には、速やかに一般開業医(GP)の診察を受ける必要がある」と述べ、検査数が60%減少したことに懸念を示した。

 

一方、がんカウンシルのアランダCEOは、がん診断の報告件数も減少していると指摘。クリニックなど医療機関では、ウイルス感染の拡大から患者を守るための対策がとられているとした上で、「ウイルスの心配も必要だが、他の健康問題を無視すべきではない」と述べた。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

在外豪人の帰国支援を 

【ACT16日】   現在も、オーストラリア人少なくとも2万5,000人が国外に取り残されている。連邦政府は16日、毎週の帰国者受け…

一般

SA州、NSW州との州境再開へ

【SA22日】   SA州は、22日中にNSW州で新型コロナウイルスの市中感染が確認されなければ、24日から同州との州境を再開すると…

一般

SA州、ACTとの州境を再開

【SA15日】   SA州政府は、16日から首都特別区域(ACT)との州境再開を発表した。NSW州とは閉ざされたままだ。 ACTからSA…