生活

印紙税免除で住宅購入を促進 NSW

【シドニー27日AAP】   パンデミック中の経済刺激策として、NSW州政府は初めて住宅を購入するファーストホームバイヤーの印紙税を免除する。

印紙税の免除はこれまで住宅価格65万ドルまでに限られたが、80万ドル未満の住宅に引き上げられ、100万ドルに達するまで段階的に減額される。ファーストホームバイヤー6,000人以上が恩恵を受けると予想される。空閑地に対する印紙税の免除も、土地価格35万ドルから40万ドルまでに引き上げられ、50万ドルで無くなる。免除は新規建設住宅と空閑地のみが対象で、8月1日から12か月有効だ。

変更に伴い、80万ドルの住宅で3万1,335ドル、90万ドルの住宅で1万5,668ドルの節減になると見積もられる。ベレジクリアン州首相は「新規住宅の建設や雇用創出にもつながる」と話した。

NSW州の失業率は6月、6.9%に上昇した。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

ビーチで手りゅう弾発見? 

【NSW18日】   NSW州セントラルコーストのビーチで手りゅう弾らしきものが発見され、一時パニック状態になった。後にたばこ…