一般

mRNAワクチンの接種対象を拡大 VIC

【VIC11日】   VIC州政府は、州立の新型コロナウイルスワクチン接種施設で12歳以上の誰もがmRNAワクチンを受けられるようになると発表した。これまで、ファイザー製とモデルナ製のmRNAワクチンは対象が60歳未満に限られていた。

フォレイ州保健相は「ファイザー製とモデルナ製ワクチンの供給量が増加した」「大規模接種施設で予約なしで誰もがmRNAを受けられる」と述べた。

ワクチン完了率が70パーセントに達する今月26日頃、同州でロックダウンが終了する予定だ。10日時点、同州の86.1パーセントが少なくとも1回の接種を済ませ、58.1パーセントが接種を完了した。

ソース: news.com.au – All Victorians now able to get an mRNA vaccine at state-run clinics

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

デルタ株の変異種を確認 NSW

【NSW8日】  NSW州保健当局は8日、デルタ株の変異種の感染8例を確認したとして、感染源の特定を急いでいると発表した。チャン…