生活

5~11歳ワクチン接種開始 供給遅れで予約キャンセルも

【ACT10日】   全国で10日、5~11歳の子どもを対象に新型コロナウイルスのワクチン接種が始まった。シドニーでは、予定通りワクチンが供給されず予約のキャンセルを強いられる診療所が出ている。

シドニー中西部のスザナ・ニコルソンさんは昨年12月、息子のアンガス君(7)のワクチン接種を予約したが、先週末、診療所にワクチンが届いていないと連絡を受けた。ニコルソンさんは「感染数が爆発的に増加するなか、10日にワクチンを打てばある程度保護されると身を潜めて耐えていた」と怒りを表した。

連邦のハント保健相は9日、「国内のすべての子どもの接種に十分なワクチン300万本が用意できている」と述べたが、配達に遅れが生じて多くのかかりつけ医(GP)が予約のキャンセルを強いられている。

NSW州教員連合は、今月末の学校再開までにワクチン接種を予約できない子どもが増えると非常に懸念する。

5~11歳の投与量は12歳以上の3分の1で、8週間空けて2回接種する。

ソース: abc.net.au – COVID-19 vaccinations for NSW children delayed or cancelled as Sydney clinics hit with delivery issues

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

抗原検査を無償提供 VIC

【VIC17日】   VIC州は国内で初めて、迅速抗原検査(RAT)を必要な人に無償で提供する。発注済みの抗原検査4,400万本のうち…