政治

3人目の被害者、男児童またも学校前で車にひかれる

シドニー16日ーシドニーの南西部にあるオクデール小学校前で12歳の男児童が16日午後410分ごろ、車にひかれ軽症を負った。15日に小学校前で2人の児童が車にひかれた事故を含めると、わずか約24時間で、学校前で3人の児童が車にひかれており、NSW州政府は、州各地の交差点での監視者数の不足に関する問題に取り組むことを余儀なくされる見込み。道路交通局のRTAは16日、先週学校前で児童がひかれるという事故が発生した学校から、通常ロリーポップ・パーソンとして知られる交差点に立つ監視者を雇いたいという問い合わせがあったと語った。

また、エリック・ルーゼンダルNSW州道路相は16日、NSW州各地で現在、少なくとも39名の交差点の監視職を募集しているところだが、NSW州政府は監視職の補充に苦戦していると語った。

モリス・イエマNSW州首相は、「学校前の交差点の安全性を向上させるための計画を決定する最終段階に入っている」と語り、今こそ更なる対策が投じられる時期であることを強調した。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

国際

英国王夫妻 10月に豪訪問

【ACT15日】   英国のチャールズ国王夫妻が10月、オーストラリアを訪問する。在位中の英国王のオーストラリア訪問は、2011年…