一般

領事館ニュース:航空機に対する警戒強化

「在シドニー日本国総領事館ニュースレター」

                    Consulate-General of Japan in Sydney

◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇

                                                                       2006.8.14

在留邦人の皆様へ

                            在シドニー日本国総領事館

 11日付けで、外務省より渡航情報(広域情報:「航空機に対する警戒強化」)が発出
されていますので、ご参考までにお知らせします。
 なお、現在のところ、当地における航空機警戒レベルについては変更はなく、シドニー空港でも特段の混乱は発生していませんが、米国及び英国行き航空機については、警戒が強化されていますところ、他の国行きの航空機を利用される場合にも、引き続き、警戒を怠らないようお願いします。

(件名)
航空機に対する警戒強化

(内容) 
1.英国の警察当局は10日、飛行中の航空機を爆破しようとしたテロ計画を摘発し、多数の容疑者を逮捕しました。これを受けて英国内務省は、テロ危険度を「深刻(severe)」から最高度の「危機(critical)」に引き上げ、これに伴い、英国内のすべての空港では、財布、旅券等一部の物件を除き、手荷物の機内への持ち込みを禁止する措置がとられ、また、英国とその他の欧州諸国を結ぶフライトについては欠航あるいは大幅な遅れとなっており、その結果、英国発の航空機の運航スケジュールには大きな乱れが生じています。

2.また、米国政府は、航空機に対する警戒を強化する旨発表しました。具体的には、英国から米国へ向かう民間航空機に対する警戒レベルを最高度の「レッド」に引き上げるとともに、国内便及びその他の米国行き国際便については警戒レベルを上から2番目の「オレンジ」に引き上げており、また、警戒強化の一環として、当面、機内への液体(飲料、ヘアージェル、ローション等)の持ち込みが禁止されています。

3.つきましては、英米発の航空機への搭乗を予定される方は、常に最新のテロ関連情報の入手に努めるとともに、航空機の運行状況を把握した上で、十分な時間的余裕をもって空港に向かってください。
 また、その他の国においても、搭乗手続の厳格化等の措置がとられる可能性がありますので、必要に応じ、関連情報の収集に努めてください。

(問い合わせ先)
 ○外務省領事局邦人テロ対策室
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)3100
 〇外務省海外安全ホームページ:http://www.mofa.go.jp/anzen/


この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

国際

英国王夫妻 10月に豪訪問

【ACT15日】   英国のチャールズ国王夫妻が10月、オーストラリアを訪問する。在位中の英国王のオーストラリア訪問は、2011年…