領事館安全情報

粗信仁総領事着任ご挨拶

1.粗信仁総領事着任挨拶

今般、日本から当地シドニーに着任いたしました。総領事館が日常

的に行う業務は日本政府の政策判断に資するための政治経済関係の情報収集、我が国の国益を対外的に実現するための各種業務、日本と豪州との相互理解を促進するための広報文化活動など幅広くありますが、最も重要な業務のひとつが、在留邦人の方々の生活や安心、安全に関わる事柄であると考えています。在留邦人の方が、安心してより当地に滞在することができるよう、当地での任期中全力を傾ける所存です。何卒宜しくお願い致します。

***********************************************************************************

2.在外被爆者保健医療助成事業の申請手続きに関するお知らせ

厚生労働省は、本年度の在外被爆者保健医療助成事業の申請手続きを公表しておりますので、受給資格のある方(日本国外にお住まいで、被爆者健康手帳又は被爆時状況確認証の交付を受けている方)は、厚生労働省のホームページをご覧下さい。

厚生労働省ホームページ(原子爆弾被爆者対策)

http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/genbaku.html

***********************************************************************************

3.シティレール運賃の値上げ

11月11日より、シティレールの運賃が平均6%値上げされます。値上げ額は乗車距離によって異なるため、改訂運賃についてはシティレール乗車時または下記ウェブサイトにてご確認ください。

http://www.cityrail.info/news/071025-ipart.jsp

***********************************************************************************

4.ウェルカミングセミナー(シドニーの治安、運転免許の取得などについて)の概要

先般、日本人会で新たにシドニーに来られた方を対象に行われたウェルカミングセミナーの中で、シドニーの治安、運転免許の取得などに関する部分の概要は以下の通りです。

(1)シドニーの治安

一般的にオーストラリアは「安全で治安がいい」とよく言われますが、犯罪発生状況を統計的に見ても、決して安全とは言えません。「日本を除く先進国の中では比較的安全である」と言えるだけです。例えば、犯罪発生件数を日本と比較すると、強盗は27倍、性犯罪は10.3倍、侵入窃盗は7.4倍、自動車窃盗は、10.4倍となっています。

邦人が被害者となった犯罪は、置き引きやスリ、引ったくり、車上狙いといった窃盗事件がほとんどですが、強姦、強盗、暴行・傷害などの凶悪事件に巻き込まれるケースもあります。本年9月には、偽警官による詐欺事件がロックス・サーキュラーキー地区を中心に連続発生しました。被害にあったのは、ほとんどが日本人観光客で、偽造カードの捜査という犯人の言葉を鵜呑みにしてしまい、目の前でクレジットカードをスキミングされてしまい、その後ATMで現金を引きおろされてしまいました。幸いにも犯人は逮捕され事件発生は収まりましたが、新たな手口・犯人の犯罪が発生する可能性もありますので十分に注意していただきたいものです。

非常に基本的なことですが、犯罪被害に巻き込まれないための心構えとして、

・犯罪発生の高い地域の立ち寄りはやめる

・現金、旅券など貴重品は決して身から離さない

・夜間の一人歩きはしない

を守っていれば、かなりの確立で犯罪被害は防げます。

(2)運転免許の取得について

日本で発行された有効期限内の運転免許証を持ち、新たにNSW州の自動車運転免許証を取得しようとする方に対して、クラスCの車種(普通自動車)運転する場合に限り、「学科試験」「運転技能試験」が免除されており、「視力適正試験」だけを受けてNSW州の運転免許証が取得できます。必要な書類は、NSW州に住居を有していることを証明できる文書等、身分証明書(写真つき)または旅券および日本の運転免許証、日本の運転免許証に対する公的な翻訳証明書です。手続きの方法は、最寄りのRTA(Road and Traffic Authority, NSW)事務所に行き、申請書および必要書類を窓口に提出します。書類に不備がなく、視力試験を受けて合格すれば、写真撮影のあと10分ほどで運転免許証が交付されます。詳しくは、RTAのホームページhttp//www.rta.nsw.gov.auで確認してください。

***********************************************************************************

5.領事関係業務

(1)在留届

旅券法第16条により、外国に3ヶ月以上滞在する日本人は、最寄りの大使館または領事館に「在留届」を提出するよう義務付けられています。在留届が提出されていると、留守宅からの「海外で事故にあったのでは」といった安否確認などに役立ちます。まだ提出されていない方は、速やかにご提出下さい。

提出方法としては、当館窓口に直接提出する他、遠隔地の方や来館する時間的余裕のない方は、郵送やインターネットでも提出できます。なお、在留届の記載内容に変更(住所や同居家族の変更等)が生じた場合には「変更届」を、帰国の際には「帰国届」の提出をお願いします。

在留届の詳細については、以下の外務省のサイトをご参照下さい。

http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/todoke/zairyu/index.html

(2)在外選挙人名簿登録

在外選挙人名簿への登録には2~3ヵ月を要しますので、時間のある時に登録しておくことをお勧めします。なお、在外選挙については、当地の日系コミュニティ誌にも時々広告を出していますので、併せてご参考下さい。

在外選挙の詳細については、以下の外務省のサイトをご参照下さい

http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/senkyo/index.html

(3)安全情報

夏時間開始に伴う注意喚起

10月28日より、NSW州において夏時間が開始されました。サマーシーズンの本格的到来を控え、日が高いうちに余暇を楽しむ時間が増えることとなります。在留邦人の皆様におかれましては、犯罪等に巻き込まれることのないよう、以下の点に注意を払うなど、ご自身の身の安全について改めてお気を付け下さい。

・「シドニー(オーストラリア)」は比較的安全である」「自分は被害に遭うことはない」という先入観を持たないようにする。

・外出時には、常に身の回りや周囲に注意を払うとともに、家族や職場等で危険情報などを共有し、各種被害に遭わないようにする。

・夜間の一人歩きは極力避け、日中でも人通りのない場所や地域への立ち入りには十分注意する。(やむをえず、そのような状況になった場合、前後に注意を払い、ついてくる者がいないか確認し、怪しい者が後方にいる場合、可能であれば速やかに人目のつく場所に移動するようにする。)

・カフェやパブなどの飲食店等における置き引きに注意する。

この他の注意点等は以下の外務省のサイトをご参照下さい。

http://www.pubanzen.mofa.go.jp/info/info4_S.asp?id=071

(4)領事部窓口の混雑状況について

当館の領事部窓口は、平日の午前中9:30~12:30、午後14:00~16:30(受付の終了時間は各種申請内容により異なりますので、詳細は当館領事部までご確認下さい)まで開館しておりますが、週明けの月曜日(または連休明けの初日)と週末の金曜日(または連休に入る前日)に特にお客様が集中する傾向にあります。上記の曜日に来館される方は、予めお時間に余裕を持ってお越し下さいますよう、よろしくお願い致します。

当館においても、領事部職員一同、日頃より来館される皆様の待ち時間を少なくするよう鋭意努力しておりますが、何卒ご理解・ご協力の程をよろしくお願い申し上げます。

(5)参考情報

学生ビザやワーキングホリデービザでオーストラリアに滞在している日本人が就労する場合には、それぞれの就労条件にご留意ください。

学生ビザの場合は受講期間中に所定の手続きを経て週20時間までの就労が認められています。ワーキングホリデービザでは最初の入国日から数えて一年間の滞在期間に1雇用主のもとで最長6ヶ月間までの就労が認められており、就学またはトレーニングが最長4ヶ月まで可能です。過去これらの規則に従わず不法就労の理由で入国管理局に拘束され国外退去処分を課されたケースもあります。

なお、ご自身の取得されているビザの労働条件等の詳細は豪州移民局などでご確認下さい(以下は豪州移民局のサイトアドレスです)

http://www.immi.gov.au/immigration.htm

***********************************************************************************

6.文化行事

今月以降の主な文化行事をご紹介します。日時、入場料などについては、変更されていることもありますので、お出かけ前にご確認下さい。

(1)北之台雅楽会「雅楽公演会」

日本古来の芸術である「雅楽」を通じて、青少年の育成と情操教育のため、国内外各地において、演奏会、講演会、学校でのデモンストレーション等を行っている団体による豪州公演会です。

開催日日時・場所:

・カウラ   11月10日(土)14:00~ 於:Civic Centre

・キャンベラ11月11日(日)14:00~ 於:Theo Notaras Multicultural Centre

・シドニー 11月13日(火)12:00~ 於:Japan Foudation(国際交流基金) Gallery

料金:無料

WEB:http://www.jpf.org.au/02_events/gagakuorchestra/index.html

(2)第11回日本映画祭

今年は日本映画19本を上映予定です。日本映画の奥深さをオーストラリアの人たちと共に実感できる素晴らしい機会です。上映スケジュールはWEBをご参照ください。

開催日時:11月29日(木)~12月8日(土)

場所:Greater Union George Street Cinema

料金:$14(料金の詳細はWEBでご確認ください)

お問い合わせ:Japan Foundation (国際交流基金)02-8239-0055

WEB:http://11thjff.jpf-sydney.org/

(3)ジャパンファウンデーション(国際交流基金)日本映画無料上映会

隔週水曜日に行われている日本映画上映会。

開催期間:11月14日、11月28日 毎回18:30~

場所:Japan Foundation(国際交流基金) Multipurpose Room

料金:無料

WEB:http://www.jpf.org.au/02_events/w_jcinema.htm

(4)人間国宝・福田貴重氏「刺繍講演会・展示会」

「刺繍」の分野でただ一人の人間国宝に認定された福田貴重氏による、優美な気品を備えた格調高い作品の展示会です。講演会では、着物における刺繍の役割、刺繍作品の製作過程、作品解説などが行われる予定です。

講演会:2008年1月21日(月)18:30~20:00

定員:100名(先着順、定員になり次第締め切り)

参加費:一般10ドル、日本人会及びJapan Foundation(国際交流基金)会員は無料

申し込み:氏名、住所、電話、ファックス、Eメールを記載の上、シドニー日本人会宛て(FAX:02-9262-5290、又はEメール:jss@jssi.org.auまで)

展示会:2008年1月22日(火)~24日(木)11:00~16:00まで(無料)

場所:講演会、展示会ともにJapan Foundation(国際交流基金)Gallery

問い合わせ:シドニー日本人会(TEL:02-9262-6022)

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

クジラ270頭が座礁 TAS州

【TAS21日】   TAS州西海岸沖で、ゴンドウクジラおよそ270頭が座礁している。海洋保護専門家らは大規模な救出作業を開始する…