シドニーの高い移動費 懸念事項

【シドニー14日AAP】   自動車保険およびサービス会社NRMAの報告によると、シドニー市民は国内最高の毎年平均2万2350ドルを移動費に費やしている。ガソリン価格は14日、過去2年で最高の1ドル41セントに達した。

シドニー世帯の移動費は、NSW州の平均収入の3分の1にあたる。NRMAのピーター・コウリー広報官は、世帯予算のうち移動費が占める割合を非常に懸念。背景には自動車ローン、自動車登録費、高速道路料金やガソリン代などがあげられる。

NRMAは、シドニーのガソリン価格はさらに1セント上昇したあと、平均1ドル25セントに下がると予想。中東の不確かさや不安定さが原油価格上昇の理由に考えられ、2~3週間で通常価格帯に戻る可能性もあるが、さらに高騰する可能性もあるという。

対策としてコウリー氏は、「NSW州内のガソリンスタンドのリアルタイムのデータが得られるアプリを使うことで、ドライバーは年間数百ドル節減できる」とアドバイスした。

この記事をシェアする

その他のニュース記事はこちら

豪でヴァージン・アクティブ拡大

【メルボルン12日AAP】   ヴァージン・グループ会長でビリオネア実業家のサー・リチャード・ブランソン氏が、傘下のヘ…

フレーザー元首相 84歳で死去

【キャンベラ20日AAP】  第22代連邦首相を務めた、マルコム・フレーザー元首相が20日未明、84歳で死去した。アボ…

男性殴殺容疑 少年を逮捕

【シドニー28日AAP】   シドニー西部パラマタで、意識不明で発見された男性が搬送先の病院で死亡した件で、警察は、1…