その他

メラノーマの危険性をオンライン診断

【ブリスベン12日AAP】   クイーンズランド医科学研究所(QIMR)は、40歳以上の人を対象に、皮膚がんのメラノーマ発症の危険性を診断するオンラインツールを開発した。12日から、QIMRのウェブサイトでアクセスできる。

メラノーマ危険度チェックは、40~70代のおよそ4万2000人のデータを基に作られた。QIMRバーゴファー研究所のデイビッド・ホワイトマン教授は、初期発見が大事だとして、「皮膚がんの危険性を予測することによって、医師が管理方法を検討できる」と話す。

2018年に全国で新たに1万4000人以上がメラノーマの診断を受け、およそ2000人が死亡すると予想される。昨年、皮膚がんに関連する国の医療費は2憶100万ドルに上った。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

その他

食べ物ごみを堆肥に MCG

【メルボルン13日AAP】   メルボルン・クリケットグラウンド(MCG)は、現地設置のリサイクリングセンターで食品廃棄物を堆…